お彼岸だより

彼岸とは字で表すと彼の岸と書きます。

彼の岸とは悟りを得るための仏教実践週間です。

仏教とは良いことをする。悪いことをしない。

よいことは、そっせんしてやることです。

自分が、他者にしてもらったら嬉しいなってこと、思いやりの心を実践してください。

 

浄土宗では、極楽浄土にお生まれさせていただくための念仏実践週間でもあります。

自分のため、ご先祖様のため、みんなの為に、いつも、ありがとうとお念仏をお称えください。

そうした時、目には見えなくとも、必ずおそばにいてくださるのが仏様です。

今の自分のままでよいのです。

そのままお念仏を、もうしていってください。

自然とそういった大切なお心をくださるのが、必ず、もらさず、すくうよと

約束してくださっている阿弥陀様です。

 

秋季彼岸お札回向のご案内

来る九月二十二日(秋分の日)午後二時より秋季彼岸お札回向を行います。

お参り下さる方は、マスク着用の上ご参拝下さいますようご案内申し上げます。

 

当日は、大念寺ホームページにてユーチューブライブ配信を行います。

ご無理をなさらず。ご自宅にてご家族の方々とお手を合わせてください。

 

  • 日時 九月二十二日 午後二時~
  • お札回向料 三千円

ご希望の方は、十九日までにお寺までお申込みください。

どなたでもお申込みいただけます。

  • 古いお札は浄焚回向を致しますので、
    ご持参下さい。
  • 法要終了後、新しいお札をお持ち帰りになり、
    ご自宅でお奉りして下さい。
  • 当日は、お札を、あいうえお順に並べております。お焼香をして順次お持帰りくいださい。

百万遍念仏とは

元弘元年(一三三一)疫病が流行したため後醍醐天皇は勅により紫宸殿で七日七夜を期間として知恩寺善阿空円に百万遍念仏を修させたところ、疫病が収まった。その功により知恩寺は「百万遍」の寺号と弘法大師利剣名号を授かったと伝えられる。大念寺は「百万遍」を授與され潮音山實相院百万遍大念寺として今に至ります。

利剣名号とは

偈文に利剣即是弥陀号、一声称念罪皆除とあるように阿弥陀佛の名号はひとこえ称えれば、私たちの全ての罪を除いてくれる勝れたものである。鋭くとがったその書体は剣先で悪縁・災いを断ち切ることが願われていると言われております。。

亡き人への追善供養のために、諸願成就・家内安全・無病息災のためにお浄土よりの無数無量の仏菩薩様、御先祖様のご激励を受けて、心も体も健康に今の生活に生きる喜びと勇気を受け取らせて頂きます。

 

本日、おてらおやつクラブの発送準備を致しました。

お供えいただきました、お檀家様、駄菓子屋smyle Yagine 佐々木様、今治の真光寺様、林様、金子様お心ありがとうございました。

阿弥陀様に御供えさせていただき、支援団体様にお届けさせていただきます。

 

 

今日もよい一日でした。

 

南無阿弥陀仏

 

おてらおやつクラブ フードドライブ開催中です

 

ネットでもお参りできるようになりました。

大念寺境内Google360ストリートビュー

クリックして散策開始

クリックしながら動かすと本堂の中も上下左右とご覧いただけます。

いつでもごらんになってお手を合わせてください。^-^

 

 

大念寺facebookページ

 

ぼくからのお知らせです

 

シェアする